仙台市泉区にあるベル・ジュバンスサロン ビューティースポットヴェルテ NPO法人 日本弱酸性美容協会認定

TEL:022-218-6070

Blog ブログ

投稿日:2015年10月22日

t02200165_0640048011898025230

 健康な髪の毛は、

 

 キューティクルがキレイにととのって

 

 いて、弱酸性になっている状態合格

 

 

 

 毛髪をつくっているタンパク質 (ケラチン) は

 

 pH5.0前後、つまり弱酸性の時がもっとも

 

 安定していて、丈夫グッド!

 

 この状態をできるだけ維持することが、

 

 髪の健康にはとても大切なことビックリマーク

 

 

 

 しかし・・・・しょぼん

 

 パーマやヘアダイをしたら、

 

 髪の毛はアルカリ性になってしまう叫び

 

 パーマやヘアダイはアルカリ性で、

 

 pH9~pH11くらい。

 

 

 だから、傷んでしまうのだ ドクロ

 

 

 そのため、ヘアカラーやパーマの後は、

 

 髪のpHを弱酸性に整えるような

 

 ヘアケアがとても重要ビックリマーク

 

 たとえば、弱酸性のシャンプーやリンス、

 

 コンディショナーを使用したり、

 

 洗い流さないトリートメントで髪を

 

 保護したり・・・・

 

 無理にでも髪の毛を弱酸性に

 

 してあげると良い目

 

 

 それでも、少しづつアルカリ性に

 

 もどっていくので、常に意識して

 

 髪を守ってあげようビックリマーク

 

 

 

 でも、最初から弱酸性のパーマや

 

 カラーを使用すれば、髪本来の

 

 弱酸性をキープし、キレイでツヤのある

 

 髪でいられる ニコニコ

 

 

 ベル・ジュバンスのパーマ液は、

 

 1液でpH4.5  2液はpH4.0~pH3.5

 

 ベル・ジュバンスカラーはpH3.2

 

 

 髪や皮膚のpH5.0前後よりも弱酸性クラッカー

 

 

 皮膚、毛髪よりも弱酸性溶液をつけると

 

 皮膚やキューティクルが引き締まり、

 

 とても良い状態になります合格

 

 なので、ベル・ジュバンスをしている人は

 

 髪と頭皮がキレイグッド!