仙台市泉区にあるベル・ジュバンスサロン ビューティースポットヴェルテ NPO法人 日本弱酸性美容協会認定

TEL:022-218-6070

Blog ブログ

投稿日:2014年7月27日

t02200129_0245014412319481237

 

毛髪や皮膚に弱酸性の液体をつけると

 

適度に引きしめて、みずみずしい状態に

 

なりますチョキ

 

 

では、アルカリ性の液体ではどうでしょうはてなマーク

 

毛髪、皮膚は弱酸性のタンパク質で出来ています。

 

そのタンパク質にアルカリ性溶液をつけると

 

膨潤作用といって、たるませるとか膨らませる

 

作用が働きます。

 

 

パーマやカラーがアルカリ性なのは、

 

固く閉じたキューティクルを膨潤作用で

 

たるませ、そこに薬液を浸透させるため汗

 

 

でも、皮膚に薬液がつくと、たるませる作用が

 

働きシワが出来やすくなります叫び

 

毛髪は開いたキューティクルから水分や

 

脂分が抜け落ちやすくなります叫び

 

なので、パーマやカラーをすると毛髪が傷むのですあせる

 

 

また、アルカリ性には腐敗作用という

 

腐らせる作用があるため、よけいに毛髪や

 

皮膚にダメージを与えるのですショック!

 

 

ちなみに、酸性は殺菌作用が働くので

 

腐りにくくなりますビックリマーク

 

t02200165_0640048011898025230

洗濯洗剤などはアルカリ性のほうが汚れを

 

落とします。なぜなら、脂汚れなどのタンパク質を

 

分解しやすいからビックリマーク

 

 

 

化粧水、シャンプー、リンス、洗顔石鹸、

 

ボディーソープなどなど・・・・・

 

皮膚や毛髪につけるものは弱酸性が良いのですグッド!

 

もちろん、パーマやカラーも弱酸性が合格

 

 

だから、ベル・ジュバンスは弱酸性 :-D